舞楽面
能面ホーム侍(武士道)ホームほら貝ホーム獅子頭ホーム三匹獅子ホーム

舞楽面は雅楽で舞人が用いる仮面。伎楽面より小さく能面より大きい。蘭陵王納蘇利(なそり)還城楽
(げんじょうらく)などの面がある。
左方舞楽(さほうぶがく)
蘭陵王(らりょうおう)散手(さんじゅ) 還城楽(げんじょうらく) 抜頭(ばとう) 採桑老(さいそうろ) 二の舞咲
(にのまいえみ) 胡飲酒(こんじゅ) 蘇莫者(そまくしゃ)
 右方舞楽(うほうぶがく)
納曽利(なそり) 胡徳楽(ことくらく) 地久(ちきゅう) 崑崙八仙 (ころばせ) 貴徳(きとく) 綾切 (あやぎり)
退走禿(だいしょうとく) 新鳥蘇(しんとりそ) 皇仁庭 (おうにんてい)
約半世紀の後、伎楽は衰亡L、新しく伝来した舞楽がこれにかわることになる。 現在も宮中猫熱部等にょって演ぜられているので、その様式上内容等は見ることが できる。最も盛んであったのは乎安時代で、宮廷儀式として定着し、神社. 寺院もまた盛んにこれをとり人れたのである。しかし、鎌倉時代に入って、 武士が実権を握る社会に変わるに従い、貴族的な舞楽は必然的に衰えの途をたどることになる。 しかし、豊臣秀吉の庇護により命脈を保ち、以後細々と現在に至るまで、その姿をとどめている。 内容は伎薬と比べて、天真欄漫な、楽天性.喜劇性が少なく、平安貴族の優稚な性格がその まま出ていて、「みやび」が主流となっている。 これに使用されたのが舞楽面であって、現存するものは日本製ばかりである。この製作を支えたものは、当時の優れた木工技術であったことは当然である。 顔面を覆う程度で、伎楽面が頭部をスッポリかくすほど大きいのに比べると小型化している。 表出された感情は、伎楽面の一瞬の感情を表現したものではなく、普通の顔を要約、整理、 さらにデフォルメLたもので、伴奏音楽のリズ おムに合致する演出ができるような形態 がとられている。平安から鎌倉へかけての古面の優れたものは、優稚な平安貴族の生活、 思想がそのまま出ていて、玉朝文化の繊細な感覚を表出Lているのである。この点伎楽面より、 より能面に近いものということができる。
左方 蘭陵王-A 左方 蘭陵王-B 左方 散手
 左方 還城楽(げんじょうらく) 還城楽 桴(バチ) 左方 還城楽2(げんじょうらく)
 右方 抜頭(ばとう)髪付き 抜頭 桴(バチ) 右方 納蘇利(なそり)
左方蛇 右方蛇
 右方 皇仁庭  左方 蘇莫者2(そまくしゃ2)  左方 蘇莫者(そまくしゃ)
右方 貴徳面  右方 納蘇利(なそり)2 左方 胡飲酒-1 
 
左方 胡飲酒-2 左方 胡飲酒-3   
ホームへ
能面案内 般若製作工程 能面系列 能面価格
翁系 女系 男系 鬼神系
尉系 神霊系 怨霊系 狂言面
郷土面 天狗面 鬼面 狐面一覧
能面の修理 保存と手入れ 能面の歴史 能面の用途
女面の髪の描き 能面用額 能面の毛 面裏について
直面(ひためん) 能面Tシャツ お客様の声 面巾着
神楽、囃子、舞い用振り毛 能面型紙
神御氏獅子頭 鷹獅子
もう一つの古の美、面根付
国内売れ筋順位 国外売れ筋順位
能面の絵 特別ご注文面
能面を普及しませんか?
92.5純銀製般若ネックレス
魔除け用、眼の光る般若
能面を追いかけて遊ぼう!子供さん用
ぜひあなたの郷土のお面をお送り下さい
お客様からいただきました。
空間を癒す銀一色特別ご注文面
当社のWEB上の画像使用について。
キャンペーン
もっと身近にもっとお安く
特別価格提供中

お問い合わせ
獅子頭のページ

行道面·菩薩面の世界へ

舞楽面、神楽面の世界へ

あなたの町の伝統文化の継承のお役に立ちます。

鬼の世界へ、鬼面郷土面
御陣乗太鼓面(ごじんじょうたいこ)
鬼太鼓面(おんでこめん)
ほら貝歌口付き

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211, mobile: 090-2599-4497 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。