舞楽面 羅陵王・蘭陵王(らりょうおう)
BG06-A
(純金箔仕上げ)
9世紀頃には、伎楽は衰亡し、舞楽がこれにかわることになり、平安時代に宮廷儀式として定着し、神社.寺院もこれをとり人れた。 その舞いに用いる仮面。伎楽面より小さく能面より大きい。雅楽の曲名。唐楽の壱越(いちこつ)調と双調にある曲。舞があり、そのときには壱越調の曲が奏される。左舞の走物(はしりもの)で右舞の納蘇利(なそり)と番(つがい)にして舞われ、舞楽の中では親しみやすい曲。蘭陵王入陣曲。
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
ご注文お問い合わせ


更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。