舞楽面 納蘇利(なそり)

BG06-N
カシュー漆+金箔仕上げ
舞楽面の一つ、雅楽の曲名。高麗楽、壱越調(いちこつちょう)の曲。舞人二人が裲襠(りょうとう)装束に竜をかたどった仮面をつけ、銀色の桴(ばち)を持って舞う。破と急がある。一人舞のときは、落蹲(らくそん)という。左舞の陵王とともに走舞の代表的なもの。
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
お問い合わせ

53の桐家紋 イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。