獅子頭金色の違い

仕上げは、カシュー漆、下地、中地、上塗りの仕上げです。
がアクリルゴールドカラーの場合は、カシュー漆、下地、の上に黒の中地を塗り、その上にアクリルゴールドカラーを塗布します。その上にクリアーコーティングをしますが、雨や水に直接あたらないようにお願いします。
アクリルゴールドカラーは下記の画像のような感じになります。

仕上げは、カシュー漆、下地、中地、上塗りの仕上げです。
金箔の場合は、上記三工程終了後、黒の仕上げの上に金箔を貼っていきます。
長い間には、金箔は剥げてきますが、その場合は地の黒色が出てきます。
金箔24Kは下記の画像のような感じになります。
金箔が剥げてきますと、上画像のような古色になります。

黒獅子はこちらです。



獅子頭加工オプション

獅子舞衣装=獅子舞油単(ししまいゆたん) 
と獅子袴(裁っ着)(たっつけ)

獅子頭あごの形各種

一刀彫り宇津黒獅子(白髪)付き
一刀彫り宇津獅子頭 一刀彫り龍獅子頭
一刀彫り金泥権九郎獅子頭 一刀彫り朱権九郎獅子頭
一刀彫り宇津(黒髪)獅子頭 一刀彫り宇津(白髪)獅子頭
軽量スチロール製金泥権九郎獅子頭 軽量スチロール製宇津獅子頭

能面案内 般若製作工程 能面一覧 能面価格
能面の修理 保存と手入れ 能面の歴史 能面の用途
ホームへ 能面用額 リンク 鬼の世界へ

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。