能面型紙
(男系)
能面ホーム侍(武士道)ホームほら貝ホーム獅子頭ホーム
能面は、平安、鎌倉の舞楽面、田楽面、を経て唐散楽の影響を受け猿楽(申楽)として観阿弥、世阿弥親子によって大成し、室町時代能面の多くは室町時代末期にほぼ創成完成しますが、更に発展し安土桃山、江戸時代には円熟し、能面師は、室町時代のものを本面と呼び、その後はその原型を継承していきます。その中で考案され作られたものを型紙とよび、型紙に
よって、より本面に近づける工夫がなされたものと思われます。
そこで、趣味で打たれている方にも提供したいとご案内する次第ですが、あくまで参考にしていただく程度の物です。詳細な0.1mm単位の型紙ではありません。ご理解下さい
基本的には、A:面外形 B:側面 C:垂直線中央 R:垂直線右眼中央 L:垂直線左眼中央 F:額水平線 EU:眼の上水平線 EB:眼の下水平線 NT:鼻先 NB:鼻下 CH:顎水平線ですが、女面は、K:髪の形 般若など角のあるものはH:角を追加します。 通常は約1週間から10日でお送りします。
それぞれの型紙には、名前および、C:垂直線中央には、水平線の位置を矢印で示してあります。また額には、垂直線の位置を矢印で示しています。
女面 般若面
系列 男面
販売価格、送料、含む 8,800円
面名をクリックして下さい。

数量
女系型紙 怨霊系型紙
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
お問い合わせ

53の桐家紋イノウエコーポレーション
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。