お客様からいただきました。

最初に戻る 次へ


松田勘三郎様から 
故郷・九州宮崎県の神楽面です。
高千穂の下流・延岡の神楽は三十三番で構成される岩戸神楽 。
これらの面は 大正時代の作。
旧藩時代から能楽が盛んだった土地柄、県内の他エリアの神面と異なり、小ぶりです。またこれらのお面の作者は 人形浄瑠璃の面打ちだったとかで、女面はその面影が伺えます。
神楽の盛んな土地柄、まだまだ現役・信仰の対象のお面さんたちです。
白弧を御購入いただいた、お客様から
能面案内 般若製作工程 能面一覧 能面価格
能面の修理 保存と手入れ 能面の歴史 能面の用途
女面の髪の描き ホームへ リンク 面裏について

鬼の世界へ、鬼面郷土面

ご注文お問い合わせ

キャンペーン
もっと身近にもっとお安くをモットーに
特別価格提供中


能面グッズ

あなたの町の伝統文化の継承のお役に立ちます。


53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。