能面 増女A(ぞうおんな)
和彩色
NOH04-2J
田楽の名人と言われた増阿弥の作と言われるところからこの名前がついたとも言われている。
神や、仏の相をあらわしたものとされている。シテが女神、天女、の場合もちいる。
天冠をつけるので、「天冠下」という名でも呼ばれる。
「絵馬」「佐保山」「西王母」「右近」「吉野天人」「羽衣」「三輪」「龍田」「当麻」に使われている。
(含まれるもの、桐箱、面紐、面袋、送料込、ただし消費税は加算されます。)
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
ご注文・お問い合わせ

更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。