追難面(ついな面)
ONI-11J
これはカシュー漆仕上げで、
金色は純金箔五毛色。
追儺(ついな)とは、大晦日(12月30日 (旧暦))の宮中の年中行事であり、平安時代の初期頃から行われている鬼払いの儀式。追儺とはもとは中国の行事であり、この行事が日本に輸入され、ついに宮廷の年中行事となった。
現在の節分の豆蒔きの元となった行事。
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
この面のご注文 お問い合わせ
更に大きく見るには画像をクリックしてください。
下記は太陽光線下で撮影

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。