能面 白般若(しろはんにゃ)
NOH01W(和彩色仕上げ)
角、下歯は、純金泥仕上げ、上歯4本および眼は真鍮仕上げ。

能面 白般若(しろはんにゃ) 女の怨霊を表現する面 恨みの復習の敵愾心を芸術化したもの。
名前のいわれは 1、名前は面打ち、般若坊の創作からとった名。 2、般若心経で心機一転する怨霊 3、梵語の「智慧、知恵」を意味する。 日本人の蛇信仰により蛇の面からの進化したと言われています。 創作当時は般若のみ後日女性の身分によって使いわけるようになった 白般若は主に「葵上」で用いられる。
品番 面名 価格 数量
NOH01WJ 白般若 62,000円
 
(含まれるもの、桐箱、面紐、面袋、送料込、ただし消費税は加算されます。)
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
お問い合わせ

白般若は胡粉に雲母を入れますので、古くなるにつれて、古色がでてきます。
更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

能面 白般若 正面 能面 白般若 左から 能面 白般若 右から
能面 白般若 少し上から 能面 白般若 側面

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。