能面 顰(しかみ)
NOH20-2J
下記画像はペイント仕上げです。
古くは獅噛、歯噛とも書かれた、
獅子が上歯、下歯で噛んだ状態ををあらわす言葉で「羅生門」、「紅葉狩」、「舎利」、「雷電」「大江山」「土蜘蛛」「飛雲」に用いる。
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
この面のご注文 お問い合わせ

更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。