能面 三日月(みかずき)
NOH45J和彩色

お面の謂れ 若月、三日都幾とも書く、住吉明神の内底筒男、中筒男、表筒男をさし、
海路を守る神
三日月の、日は神、月は日月の月とともに肉体を表し、神の肉体として和歌の神、
武神として崇められる。
また観世家に伝わる面の面裏に三日月模様があったことから、三日月と呼んだ
という説もある。
「高砂」「弓八幡」の神につかう。
特徴 濃い黄褐色色、眼は金具、目元、目じりには朱をそそぐ、上下歯列は墨で汚し、
眉、髭、鬢の毛は、毛描き。
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
この面のご注文 お問い合わせ

更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。