能面 弱法師(よろぼうし)
NOH63ペイント仕上
品番 面名 価格 数量
NOH63 弱法師 35,800円
 
(含まれるもの、面紐、面袋、送料込、ただし消費税は加算されます。)
よろぼし、またはよろぼうしと読む。
盲目で、足は片輪でよろよろと歩くところから名づけられたと言う、本名は俊徳丸、人々の噂により、父に追い出され、乞食の群れと共に天王寺に住むが、後に父は不憫に思い会いにくる、 天王寺には、特に彼岸の中日に「日想観(じっそうかん)」を行うために大勢の人々が集まり天王寺の西門は極楽浄土 の東門と向かい合っているという信仰から人々は西門付近に集まって、沈む夕日をここから拝んだのです。 その夕日の沈む彼方の弥陀の浄土を思い浮かべます。弱法師もそれにすがると、盲目となる前の情景がうかび、 歓喜する、それを見た父は我が子であることを悟り、家に連れ帰る。「弱法師」専用面
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
お問い合わせ
回転般若
更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。