嚙み棒(板)の取り換え 約30秒

能面ホーム侍(武士道)ホームほら貝ホーム獅子頭ホーム
お問い合わせ
画像をクリックすると大きな画像になります。
お世話になります。 今日まで、獅子頭を頭に被り噛み棒(板)でお顔を固定される場合が有りますが、
通常は舞手が変わっても同じ噛み棒を違った人が咥えるのが習慣になっていますが、
衛生上悪く、コロナやインフルエンザ等も感染しやすくなります。
そこで某獅子舞保存会様から相談を受け、提案しました。
おれは、舞手さんそれぞれが、自分の噛み棒を持ってもらい、自分が舞うときには自分の噛み棒を入れて
舞っていただきます。
また噛み棒の歯が当たるところには
ゴムのメッシュを巻いておきます。

53の桐家紋 イノウエコーポレーション
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。