日本の妖怪 アマビエ
SP-45J

アマビエは、1846年5月(弘化3年4月)に現在の熊本県にあたる肥後国海上に出現したとされる
日本の妖怪。
海中から光を輝かせるなどの現象を起こし、豊作や疫病などに関する予言をしたと伝えられる。
江戸時代後期に製作されたとみられる瓦版に類する刷り物に、絵と文とが記されている。
肥後国(現・熊本県)の夜ごとに海に光り物が起こったため、土地の役人がおもむいたところ、
アマビエと名乗るものが出現し、役人に対して「当年より6ヶ年の間は諸国で豊作がつづく。
しかし同時に疫病が流行するから、私の姿を描き写した絵を人々に早々に見せよ。」と
予言めいたことを告げ、海の中へと帰って行ったとされる。

面袋、面紐、送料込み。ただし消費税は加算されます。
桐箱は含んでおりません。

品番 面名 価格税抜 数量
SP45J アマビエ 158,000円
 
H=19cm, W=19cm, D=15cm
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
お問い合わせ
回転般若
 
江戸末期の瓦版 
『肥後国海中の怪(アマビエの図)』(京都大学附属図書館所蔵) 
更に大きく見るには画像をクリックして下さい。

53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211, mobile: 090-2599-4497 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。