能面 赤般若(あかはんにゃ)
NOH01RJ
(和彩色)
眼、上歯4本は真鍮仕上げ、角、他の歯は金粉仕上げ

女性の怨霊を表現する面、恨みの復習の敵愾心を芸術化したもの。
名前のいわれ
1、名前は面打ち、般若坊の創作からとった名。
2、般若心経で心機一転する怨霊
3、梵語の「智慧、知恵」を意味する。
日本人の蛇信仰により蛇の面からの進化したと言われています。
創作当時は般若のみ後日女性の身分によって使いわけるようになった
赤般若は主に「黒塚」で用いられる。般若は「道成寺」白般若は「葵上」
能面案内 能面一覧
ホームへ 能面価格
ご注文のページへ お問い合わせ

回転般若
更に大きく見るには画像をクリックして下さい。
能面、赤般若 能面 赤般若斜め
能面 赤般若横

53の桐家紋イノウエコーポレーション
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。