萬媚(まんび)の髪の描き

もどる

女面はそれぞれ日本の古典的な表情をしていますが、その毛描きによって、
はっきりと6種類の判別をすることができます。
萬媚(まんび)
額の中央から左右へ面紐の穴のところまで三本そこから
一本が交差し三本または四本の毛筋になります。


53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。