能面ホーム侍(武士道)ホームほら貝ホーム獅子頭ホーム

お問い合わせ
鎧兜に使われる総面頬
総面頬は顔全体を覆う防具で、南北朝時代頃から製作されているが頬当ほどは流行せず、江戸時代になって甲冑師たちが技術を誇るために作ったものがほとんどである。
面の全体を黒漆塗りで仕上げ、垂は古代紫糸を本小札で四段に威した非常に手の込んだものである。
鎧櫃の修理 龍の前立て 大鍬形 兜の修理 面頬、顎あて 鎖帷子と手甲の修復 鎧の修複 佩楯の修複 脛当て新調 毛靴新調 鎧立て新調
修復完成分

名前をクリックしてください。詳細ページに行きます。
武者総面頬 頼政総面頬 獅子口総面頬 大鬼神総面頬 般若総面頬

53の桐家紋 イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。