能面女系一覧表

その源流は奈良・平安時代の伎楽面、舞楽面からと言われていますが、この頃の面は写実的で仏像や絵画から写したもので、幽玄の美はありません。ようやく室町時代末期になって、能曲の主人公である、性格を表現できる面が形成されてきました。
それは象徴的で、幽玄化されたもので、現実の女性の顔とはずいぶん違い、1つの面で能曲の中の喜怒哀楽の感情を全てあらわすことのできる観客の心をゆさぶる格調高い芸術として完成されていきます。
そこには禅が大きく影響を与えています。

回転般若能面一覧
ご注文お問い合わせ

各系列の個々の面名をクリックしてください。面の謂れと画像をご覧になれます。
赤字の分は、製作中または製作予定です。

女系 和彩色仕上 ペイント仕上 使われる能曲
1 小面@
(こおもて)
 
小面@ 千手(せんじゅ)、井筒(いづつ)、杜若(かきつばた)、釆女(うねめ)、胡蝶(こちょう)、船弁慶(ふなべんけい)
2 小面A
(こおもて)
小面A 同上
居合刀 女性用小面
3 小姫(こひめ) 小姫 ほぼ小面の代わりに使う
4 万媚(まんび) 万媚 殺生石(せっしょうせき)、紅葉狩(もみじがり)
5 村雨(むらさめ) 村雨 松風
6 松風(まつかぜ) 松風 松風
7 若女@
(わかおんな)
若女@ 静(しずか)、大原行幸、楊貴妃(ようきひ)、東北(とうぼく)、井筒(いづつ)、熊野(ゆや)江口(えぐち)、草子洗小町(そうしあらいこまち)、野宮(ののみや)、半蔀(はじとみ)、賀茂、西王母(せいおうぼ)、浮船(うきふね)、玉蔓(たまかずら)、船弁慶(ふなべんけい)、紅葉狩(もみじがり)同上
8 若女A
(わかおんな)
若女A
9 増髪
(ますかみ)
増髪 蝉丸(せみまる)、玉蔓(たまかずら)、巻絹(まきぎぬ)、龍田(たつた)
10 孫次郎
(まごじろう)
孫次郎 源氏供養、熊野(ゆや)、班女(はんじょ)
11 増女@
(ぞうおんな)
増女@ 龍田(たつた)、絵馬(えま)、羽衣(はごろも)、西王母(せいおうぼ)、佐保山(さおやま)、右近(うこん)、吉野天人(よしのてんにん)、三輪(みわ)、当麻(たえま)、紅葉狩(もみじがり)、殺生石(せっしょうせき)
12 増女A
(ぞうおんな)
増女A 同上
13 泣増(なきぞう) 泣増 羽衣(はごろも)、玉蔓(たまかずら)、賀茂(かも)
14 節木増
(ふしきぞう)
節木増 松風、半蔀(はじとみ)、花筐(はながたみ)、吉野天人(よしのてんにん)
15 節木増2
(ふしきぞう)
節木増2 同上
16 曲見
(しゃくみ)
曲見 隅田川、百万、三井寺、桜川、砧(きぬた)、姨捨、梅枝(うめがえ)、雲雀山(ひばりやま)、芭蕉、定家、黒塚(安達原)、藤戸
17 深井
(ふかい)
深井 隅田川、百万、三井寺、桜川、砧(きぬた)、姨捨、梅枝(うめがえ)、雲雀山(ひばりやま)、芭蕉、定家、黒塚(安達原)、藤戸
18 近江女
(おうみおんな)
近江女 殺生石(せっしょうせき)、紅葉狩(もみじがり)、道成寺
19 泥眼(でいがん 泥眼 本来は怨霊系ですが、女面に追加しました。「海女」
20 泥眼(でいがん)2 泥眼2 同上
21 橋姫(はしひめ) 橋姫 橋姫、金輪
22 姥(うば) 接待、当麻(たいま)
23 玉藻前 玉藻前
(たまもまえ)
玉藻前 玉藻前
24 山姥(やまんば) 山姥 姥捨、おおむ小町、関寺小町
25 桧垣女
(ひがきおんな)
桧垣女 桧垣、山姥、藤戸
26 能面 小町老女 小町老女
(こまちろうじょ)
草子洗小町
27 老女 老女
27 阿多福 阿多福(おたふく) 阿多福(おたふく)
28 乙(おと) 乙(おと)
29 お亀 阿亀(おかめ) 阿亀(おかめ)
翁系 女系 男系 尉系
怨霊系 神霊系 鬼神系 狂言面
郷土面 鬼面 狐面 天狗面

ホームへ 般若製作工程 能面案内 能面価格
能面の修理 保存と手入れ 能面の歴史 能面の用途
女面の髪の描き 能面用額 リンク 面裏について
直面(ひためん) 和太鼓用半面 能面グッズ 能面の毛
キャンペーン
もっと身近にもっとお安く
特別価格提供中

ご注文お問い合わせ

獅子頭のページへ

鬼太鼓面(おんでこめん)のページへ

花押をお作りします。

特別ご注文面

あなたの町の伝統文化の継承のお役に立ちます。

鬼の世界へ、鬼面郷土面

囃子用和太鼓


53の桐家紋イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。