能面ホーム侍(武士道)ホームほら貝ホーム獅子頭ホーム

お問い合わせ
某城代家老家に伝わる、平安期 
龍前立鉄黒漆塗十二間筋兜金角小札金糸威二枚胴具足の完全修復

(りゅうまえだて、てつくろうるしぬり じゅうにけんすじかぶときんかくこざね きんいとおどし にまいどうぐそく )

鎧櫃の修理 龍の前立て 大鍬形 兜の修理 面頬、顎あて 鎖帷子と手甲の修復 鎧の修複 佩楯の修複 脛当て新調 毛靴新調 鎧立て新調
修復完成分
鎧櫃修復前
   
 1、全ての色を落とします。2、和紙が貼ってあるのも剥がします。3、生地の状態が見えたら、サンドペーパーで磨きます。
4、不足および使えない木材は新しいものに取り換え、頑丈にする。5、櫃の内部は手すき和紙を貼り直し。
6、まず下地塗り、その後研磨、中塗り、その後研磨、最後に漆ぬり
7、お客様の要望で、「前」と家紋「丸に木瓜」を金箔貼り。8、お客様の要望で金具は真鍮で作り、真鍮 メッキをしました。
 鎧櫃修復後

53の桐家紋 イノウエコーポレーション
〒620-0065京都府福知山市上荒河1530番地
Tel:0773‐23‐5211 Fax:0773‐23‐5190
著作権法により全てのページを無断で転用することは禁じられておりますが
画像など必要な場合はご遠慮なくご連絡下さい。
リンクは伝統工芸に関するページからは自由です。
どうぞリンクをお願い申し上げます。